ホーム学会誌『笑い学研究』第16号(発行年:2009年)
商品詳細

『笑い学研究』第16号(発行年:2009年)

販売価格: 1,000円
冊数:  冊
【巻頭言】
15周年を迎えた日本笑い学会
    -『笑いの世紀』を目指して-(井上宏)

【応募論文】
北野武とビートたけし、その笑いに関する一考察
    -「27時間テレビ」と「菊次郎の夏」を題材に-(影山貴彦)
熟達した噺家の語りに〈核〉として現れる中心的な概念
    -共起ネットワークマッピングによる噺家の信念地図の作成-
                                  (野村亮太・丸野俊一)
素の演劇化-日本の寄席芸能における笑いの演技法をめぐって-
                                  (ムズラックル・ハリト)
アヴァンギャルドな笑い
    -アルド・パラッツェスキ-の未来派宣言「反苦悩」にみる笑い認識-
                                        (石田聖子)
「とんち」とは何だったのか
    -近代日本における「軍人」、「政治家」、「商人」、の場合-(福井直秀)
「子どものつぶやき」における笑い・その4
    -歴史的考察.40年前の「つぶやき」との比較-(米田恵子)
学校教育における「ユーモア性」の育成に関する一考察
    -「ユーモア能力」という概念の提案-(青砥弘幸)
カント先生、笑いを論ず
    -笑い学の歴史・近代篇II-(森下伸也)

【研究ノート】
日本最初の笑い学研究
    -土子金四郎「洒落哲学」-(長島平洋)
落語の面白さの数値的表現(佐藤建)
日常のコミュニケーションで用いられる笑いに関する一考察
                          (山本公平・堀登志子・矢野宗宏)
ラフター(笑い)ヨガの血圧低減効果について(福島裕人)
幼児に見られる攻撃的笑いについて
    -観察記録からの検討-(伊藤理絵・内藤俊史・本多薫)

【投稿広場】
固有名詞に見られる「笑」について(松本治朗)
笑いの経営的効果-大阪商人から学ぶ-(中井宏次)
笑いで商業活性化「池田市おたなKAIWAI」研究(堀登志子)

【研究会記録】
「お笑い神事(注連縄掛神事)」報告(札埜和男)
法廷とユーモア(札埜和男)

日本笑い学会年表(平成16(2004)年〜平成20(2008)年)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス